FC2ブログ

昭和元禄落語心中 第十二話

評価 ★★
よそう。また夢になる

           
相変わらずスネている助六
しかし、菊と付き人の松田の言葉

そして、客の笑い声で再び舞台に立つことを決意をする

で、芝浜を披露
ダメな旦那が夢オチをキッカケに真面目に働くようになるという話に、小夏も涙

きっとこの二人は自分自身のことと重ねたんだろうな……

あれ? 真面目に働いたというのも夢オチだったって話じゃなかったっけ?
いや、落語あんましらんし別の話とまざってるのかもな


で、東京にいってみんなで再出発しようと声をかけて丸く収まり……かけるが

菊が一人でいるところを、みよキチがたずねてきて……

あれ? ホモなのにみよキチに未練あり?

しかし、受け入れられず謝罪
ちょっとヤケになったみよキチは心中しようベランダドン!

そこへ助六が駆けつけて、今までのことを謝罪
なんと落語を捨てて、真面目に働くことを宣言してしまう

すまないがホモ以外は帰ってくれないか!
と、絶望しかける菊

そして、手すりが壊れて……

はじめてみよキチの本名をしりつつ、ファイト一発!
埃にまみれた~絆を~繋いでく~ 過去と未来 背中合わせの僕らは~♪

で、二人は死亡
お後がよろしくないようで……


和解しょぼっ!
自己愛の塊みたいな夫婦だったから絶対に和解なんてできなかったと思ったのに……
まあ、そのまま暮らしていけばまた破綻したかもしれないし
そもそも娘に話していることだから、もっとドロドロだったかもしれないけど……
とりあえず舞台を貸してくれた旅館は大迷惑だな!
いや、こんなボロ放置してた時点で文句もいえないか┐('~`;)┌
落語世界にもおファンシーな小麦ちゃんがいればよかったのにね


関連投票 イロモノ・ネタキャラな声優投票

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 昭和元禄落語心中
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中 第十二話 因果感想

おかえりと、さよならと。

昭和元禄落語心中 TBS(3/25)#12

第十二話 亀屋旅館で落語をする二人。2ヶ月前に妻を身罷った松田が駆けつけた。寄席はお二人が居ないので寂しい、助六を待っている。菊比古の高座が終わり助六と交代する。良いお客だ、暖かいのに笑い過ぎ無い。人が落語を語らせる。みよ吉は菊比古だけを見ていた、助六は見ない。 兄弟子だと思ってトリを任せた。師匠の形見、八雲だけに許された紋付羽織を助六に着せる。助六には珍しい人情噺の芝浜を演じる。それはまる...

昭和元禄落語心中 第十二話

昭和元禄落語心中 第十二話です。 『昭和元禄落語心中』もいよいよラストが近づいて

コメントの投稿

非公開コメント

ネットで稼げるポイントサイト

フルーツメール モッピー!お金がたまるポイントサイト 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP 新規モニター登録

PR

 
DVD通販





カウンター
検索フォーム
MMOタロット占い
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
オススメサイト
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PR
魔法少女まどか☆マギカ
ブリドカット セーラ 恵美