FC2ブログ

昭和元禄落語心中 第九話

評価 ★★
あたしのことは嫌いでも 、落語は嫌いにならないでください!

           
二人とも真打に
信さんと繋がったまま寄席にでるなんて頭がフットーしそうだよおっっ
と、開幕早々のホモォ

しかし、好事魔多しと言いまして
菊がみよ吉に別れを告げにいってくから歯車が狂いだす

落語は楽屋でおきてんじゃない! 舞台でおきてんだ!

売り言葉に買い言葉で喧嘩した助六と師匠は絶縁
あんなに一緒だったのに~♪

あっという間に落ちぶれて、菊に捨てられたみよ吉と傷の舐めあい?
当ててんのよ! いや、当てつけか

一方、菊には八雲襲名の話が……

自分を卑下し助六のことを頼む菊だったが、向こうから謝らないことには無理

そして、女将かにみよ吉の持ち逃げの話をきかされた菊の元へ助六が……

このあと滅茶苦茶(ry

壁ドンで今さらコンプレックスを爆発させる助六に落語をやめないでとすがる菊だった


いや、謝れよ
そして、持ち逃げされた女将が一番可哀相だろ┐('~`;)┌
まあ、結局なんだかんだ言って自業自得すぎて助六には同情しづらいな
最低限、上の人間をたてることもしない
練習もしない
人気と才能だけはあるってんじゃ、そりゃ嫌われても仕方ないってばよ……
「正しいことをしたければ、偉くなれ」とはよく言ったもんだね


関連投票 イロモノ・ネタキャラな声優投票

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 昭和元禄落語心中
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中 第九話 明暗感想

捨て犬と捨て猫。

昭和元禄落語心中 TBS(3/04)#09

第九話 助六と菊比古の真打ち披露公演は大盛況。落語協会長は助六に嫌味を言う。それに反発して十八番の演目を演じる助六。 師匠は助六を呼んで説教をする。日本は変わっている、TVも普及し始める。落語も今のままではいけないと持論を熱く語る助六。落語は大丈夫、安泰だと現状維持を望む師匠。それでは駄目だ、だから師匠の落語は古臭いとつい言ってしまう。売り言葉に買い言葉、八雲の名跡は菊比古に継がせる。つい手...

昭和元禄落語心中 第九話

昭和元禄落語心中 第九話です。 『昭和元禄落語心中』も1クールであればそろそろ終

昭和元禄落語心中  ~ 第9話

昭和元禄落語心中  第1話 ~ 第9話 前座・二つ目時代は与太郎(よたろう)。通称「与太(ヨタ)」。真打昇進と同時に3代目助六を襲名。 主人公の元チンピラ。本名は強次(きょうじ)。刑務所で服役中に聴いた8代目八雲の死神に感動し、「出所後の行くべき所」と決め8代目八雲に弟子入りを志願する。天涯孤独で、本来なら模範囚として仮出所も認められたはずだが、引取り人がいなかったために刑期満了...

コメントの投稿

非公開コメント

ネットで稼げるポイントサイト

フルーツメール モッピー!お金がたまるポイントサイト 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP 新規モニター登録

PR

 
DVD通販





カウンター
検索フォーム
MMOタロット占い
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
オススメサイト
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PR
魔法少女まどか☆マギカ
ブリドカット セーラ 恵美