FC2ブログ

僕だけがいない街 第四話「達成」

評価 ★★
悠木だして、きてよかった(意味深)

           
雛月を救うために攻略をすすめる悟
途中、似たようなイベントを正史でもやっていたことに気がつくが
未来は変えられると信じて、そのまま突き進む

そして、ついに……エンディングが見えた!

いや、友達もターゲットにされてるのに一人で帰すとか……と思ったけど
そこら辺は別に狂いはしないのか

変態犯人も変態犯人なりに順番にこだわりとかあんのかね?

で、無事誕生日会をおえて、安心するが……


まあ、そりゃそうだろうよ┐('~`;)┌
犯人もDVも放置してりゃなぁ
復元力とかというには、馬鹿すぎてちょっと擁護はできないレベルだね
こんなノリでいくなら、最初から小学生をループさせた方がまだ自然だったんじゃないか?


関連投票 日本の名探偵といえば?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 僕だけがいない街
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕だけがいない街 第四話「達成」

僕だけがいない街の第4話を見ました。 第四話 達成 Xデーまであと1週間となり、事件そのものを無くそうと意気込む悟は一人にさせないように加代を科学センターに誘う。 だが、加代の母親が許さなかったが、佐知子のフォローのおかげで、共に科学センターに行くことができる。 そこで悟は加代と18年前にも同じ会話をしたのを思い出すも、変わったこともあるので未来は変えられると信じるこ...

僕だけがいない街    ~ 第4話 達成

僕だけがいない街  第1話    ~ 第4話 達成 漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというものだった。 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

清く正しいロリコンでよかった「僕だけがいない街 」

ランドセルや短パンやリコーダーなどいろいろ萌える要素満載の小学生ですが、当の世代を生きている本人達はとうていその価値に気づいてません。成長期は自分が成長している過程など意識しないから成長できるというものなんでしょう。 時代が移り変わり象徴するアイテムが変遷を遂げても、寄せる思いの根幹は一緒。将に躍動している切なる生命の輝きに対する憧憬の筈です。 小学生時代の思い出が後悔と懐古...

コメントの投稿

非公開コメント

ネットで稼げるポイントサイト

フルーツメール モッピー!お金がたまるポイントサイト 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP 新規モニター登録

PR

 
DVD通販





カウンター
検索フォーム
MMOタロット占い
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
オススメサイト
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PR
魔法少女まどか☆マギカ
ブリドカット セーラ 恵美