機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯6「彼等について」

評価 ★★★★
その憧憬は重圧

             
前回のあらすじ?
「俺の船」といってる人物は……

で、チョコの人のギャラルホルン
隣の人は怒りから追撃を求めるが、司令が死んだせいで仕事が増えてすぐには無理らしい

しかし、前回送った荷物のせいでクーデリアがいることはバレてしまい
地球付近で待つ作戦に切り替え

うわぁ……やっちまったな
一思いに殺しておけば、後で余計な手間がなかった……ってこともないか

まあ、最後に一戦あるけど、ギャラルホルンから狙われなくなるのは精神的にはいいか?
いや、そのこと知らんから意味もないか……

改めてアラヤシキの凄さの話題もあり

アトラと三日月が微妙に恋愛フラグをたてる中
オルガたちは作戦会議

木星圏を拠点とする組織・テイワズを味方につけるしかないと方針が決まるがコネはなし

で、通信係にフミタン採用
自分だけ船で仕事がないことに複雑な気持ちになるクーデリア

そんな中、会議にでずに雑用をする三日月に会って手伝いを申し出る

今更、地球行きに驚くアトラとクーデリアの目的を知る三日月
幸せにするという言葉にちょっとは反発するかと思ったけど、
チョコの人と会った回で火星民の地位向上は痛感してたし、そんなことはなかったか

で、整備に弁当をくばった際に文字の読み書きができないことを知ったクーデリアは
子供たちの教師役を買って出る

一方、方針は決まったもののやることのないオルガはフミタンにブリッジをまかせてぶらつく
……フミタンなんか裏切りそうだな
でも、船沈められたら自分も死ぬだろうし微妙なとこだよな
まあ、暗殺系とは別口のスパイの可能性もあるけど

その頃、黒幕っぽいポジションのセクハラ親父ノブリスは司令の死を知り
鉄華団に興味?
面白がってはいそうだけど、本気で支援は期待できないだろうな

で、チョコの人は復讐鬼候補のアインに事情聴取
願いをききいれて、部下に加える?
考慮だけしてスルーだったらそれはそれで面白いけど……まあ、部下になるんだろうな

そして、クーデリアの授業開始
英語か……日本人には難しいよね
って、こいつら多分英語を喋ってんだろうけどw

苦戦する三日月を見守るオルガに話しかけるビスケット

今なら他の会社に委託できるんじゃないか?って……無理だろ┐('~`;)┌
まあ、自分達が売ったんじゃないと内外に言えるかもしれないけど

そして、なんでそんなに前にこだわるのか問うビスケット
「もっと前に出る~!」
真暮朗ェ……」

というネタはおいといて、三日月の目を気にしているという

無意味に無茶をしようとしているわけではないけど、いつか取り返しのつかないことになりそうだな……

ビスケットもそのまま黙るなよ
オルガはオルガのままでいいんだよ……とかやってればワンチャンあったのに……
って、そういう話じゃないな

まあ、場面とんだから何かしら意見を言った可能性もあるけどね

で、オルガは三日月と話
戦争が終わったら……ではなく、いつか農園をやりたいだからセーフ?

俺は俺だとオルガは言ってたけど……無理をしているのか?
はたまたビスケットに何かいわれて吹っ切れたのか……前者のような気がするな

一方、クーデリアは小さい子供たちにもアラヤシキがつけられている現実に……

そして、アラーム
何事かとブリッジに駆け込めば
死んだと思っていた前社長・マルバからの通信!

うわぁ……また面倒な奴が……
まっとうな商売を目指すなら見なかったふりして撃墜もまずいだろうし
そもそも連れて来た船は交渉しようと思っていたテイワズっぽいし

で、次回予告はおやっさんが語るマルバの過去
視聴者的にはどうでもいいとこではあるけど、何か切ないなぁ……


未来をみはじめた子供たちと暗躍する大人達……ってカンジか?
クーデリアとの関係の強化と送り届けることの使命感の芽生えはよかったけど
出発する前にいれた方がよかったかもな
しかし、結局踊らされているだけで独立なんて夢のまた夢なんだろうし
色々と厳しいね
現実を知って身の丈にあったあがきをみせていた前社長もあれはあれで抱えたものはありそうだし
けっこうドラマを生み出しそうだ


関連投票
最強のガンダムは?
ガンダムシリーズ最高のパイロットは?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

どうでもいいが”フミタン”て可愛い愛称みたいな名前だな。容姿とのギャップ凄いぞ…w トドの次はフミタンかしら?通信繋げたとかナントカって、この人メイドだよなあ。メイドがそういう事詳しいのか。別にメイドがそういう事知ってても不思議でない世界観かも知れんけど。以前から意味深なとこあり謎の怪我してたし、スパイとかか?皮肉にもと言うのも早いが、そんなフミタンの有能っぷりにあてられたクーデリア嬢...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #06

『彼等について』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #6 彼等について 有能メガネ感想

メガネ有能。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ   ~ 第6話 彼等について

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ  第1話 ~ 第6話 彼等について かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。その戦争が終結してから、約300年。 地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつあった。 主人公の少年、三日月・オーガスが所属する...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

第6話「彼等について」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 私だ 第6話「彼等について」 アバンは前回のユージン活躍シーンから クーデリアがいる以上鉄華団とはいずれまた会うだろうということで追わないことにしたマクギリス コーラルが死んで余計な仕事が増えた模様 チョビヒゲが荷物扱い...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想 先週から宇宙戦が始まった。 ビーム兵器は登場しないので迫力には欠けますが、 なかなか戦闘シーンはよかったのではないかと思います。 ギャラルホルンのマクギリス・ファリド特務三佐は鉄華団を見逃す…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

【感想概略】 今回は、強襲装甲艦イサリビ内での鉄華団のつかのまの日常を描いたお話である。 オルガの行動の原動力は三日月であることがオルガ自身の口から明かされ、少年兵の多くは生きるのに精一杯で学校に行けず読み書きが出来ないことをクーデリアが知る姿が描かれ、三日月を始めとする少年たちにクーデリアは文字を教え始め、将来は農場をやりたい、そのためにも読み書き出来るようになりたいという三日月の夢が...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 『彼等について』 ≪あらすじ≫ ギャラルホルンの監視の下、地球を目指すには案内役を必要とする鉄華団の面々。強力な後ろ盾を得るべく、木星圏を拠点とするテイワズとの交渉を取り付けようとする。 (

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第6話

「彼等について」 辛くもマクギリスらの追撃を振り切った鉄華団。だが、ギャラルホルンに送り出したトドからの情報により、鉄華団にクーデリアがいる、ということが判明してしまう。そして、鉄華団、ギャラルホルン、両者にとって、最大の問題点となるのは…… 第4話に続いて、戦闘のない「繋ぎ」という感じなんだけど、前回の感想で、「強かな子供」VS「そんな子供を見違える大人」というような構図からの...

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」戦場に生きる少年たち6オルガたちは木星圏に活路を見出しクーデリアは読み書きできない少年たちの現実を知り読み書きを教え始めた

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第6話はギャランフォルンとの戦闘空域を抜けた鉄華団はこれからの進路を話し合っていたが案内役なしで地球へ向かいのは難しいという事に ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」  鉄華団の船と交差した際、自身の船が傷つけられたことに憤慨するオルクス。そんな彼の背後で不敵に笑うスーツ姿の男が1人。彼が鉄華団とテイワズを結ぶ伝手になるのでしょうか?  コーラルの死により、マ...

コメントの投稿

非公開コメント

ネットで稼げるポイントサイト

フルーツメール モッピー!お金がたまるポイントサイト 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP 新規モニター登録

PR

 
DVD通販





カウンター
検索フォーム
MMOタロット占い
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
願いを叶えるドラゴンレーダー
kurepelin.com
RSSリンクの表示
TOEICボキャドリル(わんこ版)

リンク
オススメサイト
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PR
魔法少女まどか☆マギカ
ブリドカット セーラ 恵美