FC2ブログ

六花の勇者 第十話「絶体絶命」

評価 ★★★
ドキ☆ヤンデレだらけの魔神討伐! ホロリもあるよ!

              
復讐とわたしどっちが大事なの!?
ニナ・ヴィエント~」

逃げる場所さえなかったんだ 窓から見上げてるだけで せいいっぱいの
あの日の僕には 君がくれた その言葉の意味すらまだわかるはずもなくて~♪


そんな修羅場に地上最強の男も困惑
つーか、理由なら七話に話したやん!

天さんでもないのに、一週間しか記憶が持たないフレンズかい……

で、誤魔化しはきかないと地上最強の告白をするアドレットだったが

嘘だ! 貴方はハンスのことが好きなんでしょ!?とプチミレディならぬブチギレディ

告白失敗で可哀壮馬さん……

その銃声で他のメンバーも場所われ
ハンスはやっぱり無理だったと心配するが、おばちゃんはやる気満々

チャモにハンスを見張らせて、ハンスがやられたと嘘を流す
アンタって人はァ━━━!

チャモの言いなりに違和感をもつが、強いのはチャモだけど怖いと言い訳
まあ、所詮は子供か……つーか、前評判ほど強くもなかったもんな……

で、完全にヤンデレてるフレミーはますます疑惑
いや、モーラだって優しくしたんだから疑えよ┐('~`;)┌

一方、姫もヤンデレ(・ω<)
完全にアドレット抹殺の方向に傾く

そして、説得を試みるアドレットの元におばちゃんも参戦

絶体絶命!

しかし、一か八かで降伏のポーズをとることによってフレミーを止める
「戦う気があるなら拳を握れ! 戦う気がないなら立ち塞がるな!
 ハンパな気持ちで人の願いを踏みにじってんじゃないわよ!! 」


で、フレミーが犯人じゃないことの証明タイム
凶魔に反応する薬で結界を作動させたのはフレミーじゃないと断言

七人目ならお前の策を潰してやったと勝ち誇る
だからこそお前が怖い!
 ここまで守った私の貞操が奪われてしまうかもしれんからな!

いや、地上最強はおばさんには興味がない……

おばちゃん、激おこ

完全に落ちたフレミーもアドレットに味方するが、
そこにさらなるヤンデレが!

彼女は(恋の)敵よ……
楽しかったですよぉアドレットさん。では……貴方を殺します♡


次回予告
アドレットの犠牲により、ついに七人目を倒すことができた勇者たち
しかし、早くも五人になったことから周囲からはザンネン5と呼ばれてしまう
その事に責任を感じた姫は、酒場で新たな仲間を勧誘しようとするのだが……?

次回「「酒場で出会った仲間に過度な期待をするのは禁物」をお楽しみに!



もう魔神討伐とか無理だろコレw
尺以前に信頼関係とかそういうのがないわ……
まあ、会ったばっかの仲間にそうそう信頼なんてもんが生まれるものでもないだろうけど
犯人じゃなくても、言動みてるとちょっとなぁ
推理よりもそこら辺をどう纏めるのかの方が気になってきたぞw


関連投票 イロモノ・ネタキャラな声優投票

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 六花の勇者
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

六花の勇者 第十話 絶体絶命 ヒロイン感想

下乳、つまりジャスティス。

六花の勇者 TokyoMX(9/09)#10

第十話 絶体絶命 どうして私を信じるの?疑わないの?理由はない、俺と似ている。戦う道具になろうとして成れなかった。心は捨てられなかった。フレミーは心を捨てられたから、自分も心を捨てて強くなった。今気づいた、ずっとお前が好きだった。誰もフレミーを信じないから俺が守ろうと思った。私の何処が好きなの?魔神を倒したら私はどこに住めば良いの?私は魔神と相打ちになる。俺が居場所を作ってやる。 確信した、...

六花の勇者 第十話「絶体絶命」

六花の勇者 第十話「絶体絶命」です。 アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはい

(´・ω・`)しーろか~♪くーろか~♪ ~六花の勇者 第十話 「絶体絶命」~

なんかアドさん告白してた。唐突過ぎないかw 相手に容疑者扱いされてるのにそんな告白しても、信じてもらえるどころかますます疑われそうだけど。実際フレミーヒートアップしてたし。割と頭が回る(と私は思ってる)アドさんならそれくらい気をつけそうだけどなあ。まあ、その後の展開見るに何か裏があるようにも見えないしマジ告白だったのかな。 ま~なんてーの?こうフレミーを守りたい!って思うのはなんか...

六花の勇者 #10

『絶体絶命』

六花の勇者     ~ 第10話 疑惑の蕾

六花の勇者   第1話   ~ 第10話 疑惑の蕾 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ 1千年前、世界を破滅に追いやった魔神と呼ばれる存在が、一輪の花を武器とした聖者によって封じられた。聖者は「いつか魔神は蘇るが、その時は自分の力を受け継いだ六人の勇者が現れて魔神を封じるだろう」と予言し、実際に過去二度に渡り、6人の勇者によって魔神は完全に復活する前に...

六花の勇者 第10話「絶体絶命」感想 なぜナッシェタニアはキレてしまったのか。

アドレットをついに信じて涙をこぼすフレミーに涙目になってしまいました。 そして、それを聞いたかのように時を同じくしてキレたナッシェタニアには何が起きているんでしょうか。 好きだと言われて銃の引き金を引くフレミーがなんとも哀しく思えました。 凶魔に育てられた自分が受けていた愛情は全てが任務を果たさせるための嘘と知り、見捨てられたうえに魔神と相打ちになって死ぬ事しかないと決...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>いや、モーラだって優しくしたんだから疑えよ┐('~`;)┌

モーラがフレミーに優しくしたのは、アドレットがフレミーを人質にしてからです。
それ以前はむしろ疑っていました。
アドレットだけが、一度もフレミーを疑っていないんです。

No title

>いや、モーラだって優しくしたんだから疑えよ┐('~`;)┌

モーラとアドレットじゃ立場が違いますよ
モーラは密室とフレミーを人質にした件でアドレットが偽物と確信したから、仲間であるフレミーに歩み寄っても不自然じゃないですが、
アドレットは自分が無実だとしたら他の偽物候補として凶魔とのハーフで六花殺しの前科持ちのフレミーを真っ先に疑う方が自然です。

ネットで稼げるポイントサイト

フルーツメール モッピー!お金がたまるポイントサイト 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP 新規モニター登録

PR

 
DVD通販





カウンター
検索フォーム
MMOタロット占い
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
オススメサイト
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PR
魔法少女まどか☆マギカ
ブリドカット セーラ 恵美